COLUMN

2020.06.04 コラム

紫外線が色が抜ける原因に!?

紫外線が色が抜ける原因に!?

こんにちは!プログレスです。

 

梅雨かと思いきや、日差しが強くなってきましたね。

真夏より今の方が紫外線が強いって知っていますか?

 

お肌はもちろんですが、髪の毛にも大敵な紫外線。

色々な弊害はありますが、今回はカラーへの影響をご説明します!

 

1.なぜ紫外線が退色につながる?

紫外線で退色する理由は、紫外線がメラニン色素を壊してしまうからです。

せっかくきれいにカラーをしても、退色が進んでしまいます。

夏は冬より色が抜けやすいと感じませんか? 

  

紫外線の影響を最初に受けるのは、髪の表面を覆っているキューティクル。

このキューティクルが剥がれると髪の表面に隙間ができてしまい、そこから内部に紫外線が入り込んでしまいます。 

髪の内部には繊維状のタンパク質が詰まっているコルテックスという層があり、弾力や太さ、硬さを保持しています。

そして、同じく内部にあるメラニン色素を破壊してしまい、退色するというメカニズムです。

 

2.カラーをしている人としていない人の違いは?

カラーをするということは、紫外線と同じくメラニンを破壊して色を変えています。

何もしていない人との違いは、以下のようなイメージです。

 

(1)カラーをしていない人

・カラーをしている人と比べてメラニン色素の量が多い

メラニン色素が紫外線の影響を吸収し、ダメージが少ない

 

(2)カラーをしている人

・紫外線を吸収しきれず、メラニン色素は分解されてしまう。

髪の毛は色褪せて退色に繋がる

 

3.対策方法

紫外線から守る

・帽子をかぶる

・髪用の日焼け止めスプレーをかける

・日傘を使う

 

など、少しの対策で退色が防げます!

カラーの持ちを良くするためにも、頭皮の健康の為にも、紫外線から守りましょう!

WELCOME!!

あなたは何にチャレンジする?

トータルビューティーだからこそ、
ONとOFFのメリハリがあるからこそ
様々なことに全力でチャレンジできる美容室です。
次はあなたの「全力チャレンジ」を聞かせてください。

Follow us